カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

「にっぽんのひとさら」でコーボンが飲めます

東京の丸の内にある、“発酵の力で魚料理をより美味しく”をコンセプトにした、「にっぽんのひとさら」で、コーボンマーベルを使った菌活ドリンクメニューが採用されています。


同店は、「予約の取れない料理教室」を主宰する料理家 是友麻希さんが経営されており、世界初となる、搾りたての「生揚げ醤油」で全国から届く朝獲れ鮮魚と発酵を楽しめる人気のお店です。

コーボンマーベルは、是友先生プロデュースにより計8種類のドリンクになっています。

ぜひ美味しい食事と共に、天然酵母のドリンクをお楽しみください。

住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB1
電話番号
03-3201-2878

料理家 是友麻希さんのご紹介

発酵ライフ推進協会 代表/社団法人さかなの学校 代表理事
株式会社フードマイニング代表取締役社長
魚料理研究家/発酵食文化研究家

コーボンの見えない品質を理解してくださる専門家のお一人。

大学時代は日本史学部にて日本食文化研究に勤しみ、発酵食の歴史を学び、卒業後、一度はOLとして営業を経験。その仕事で学んだ事は、何事も人と人とのつながりが一番大切、という事だったといいます。

いつも着物姿でちゃきちゃきと働く料理が得意な祖母の影響からか、その後すし職人の修行に入りたいと思い立った是友さん。
銀座「すしもと」にて日本料理と魚料理の基礎を学び、その後独立され、魚と発酵料理の専門家として予約の取れない料理教室を主宰。

和の文化から和食の作り方までを熟知し、人とのつながりを大切にしたおもてなしを続ける是友さんの周りには、自然と人が集まり、日本各地の生産者・蔵元を招いた講演会の主催や多数の本の出版を手掛けられる他、テレビCMに出演されりなど、多忙な毎日を送られています。

第一酵母と是友さんとの出会いのきっかけとなったのは、コーボンを長い間取り扱って頂いているお客様。その方が、是友さんと「発酵」のキーワードからつながり、御一緒に見学に来られた事でした。

発酵ドリンクは品質もさまざまなので、最初は頭の中に????が沢山あったのではないかと想像しますが、ほとんどが手作りであるコーボンの製造工程や、私どもの見えない品質を大事に酵母を育て続ける姿勢にも、日本古来の発酵を感じて頂けたのだと思います。

その後、少し時を経て、メニューに採用いただきました。

メニューとしてコーボンが飲めるのは、
東京丸の内(有楽町)にオープンしたにっぽんのひとさら。

「発酵の力」で魚を美味しく食べられるお店です。

楽しみながら日本の伝統食文化を後世に残す事を使命とする是友さんならではのドリンクレシピで、ノンアルコールはもちろん、アルコールにコーボンをプラスするメニューもございます。

お店のこだわりである、目の前で生きたしょうゆを絞って提供するスタイルは世界初の試みだそうで、見ているだけでも楽しそう。

そして独自の発酵調味料などを使った今までにない食べ方で提供される料理は、より多くの人にもっと魚料理を食べて欲しいという想いがメニュー化され、「ひとさら」「ひとさら」に手間暇をかけ作られています。

お店でいつも是友さんに会えるとは限りませんが、運良くお会いできた方は発酵や日本食のお話などを聞くことができるかもしれませんね。

発酵食に興味のある方は是非にっぽんのひとさらへ足をお運びください。

ホームページ
https://nippon-hitosara.com/

【是友さんからコーボンへのメッセージ】

はじめて第一酵母さんの工場に伺った際、とにかく そのキレイな場所に驚きました。
工場内の清潔さはもちろんですが、周囲の景色、空気、そして そこで働く方々のキラキラした笑顔、 何もかもが素晴らしく、ここで作られる天然酵母なら間違いない!!と 直感したのが、一番最初の感想です。
私は、少し疑り深い性格で、人から勧められても、自分で 心から納得しないと気が済まないのですが、そんな私が もう数年コーボンを飲み続け、さらには自身のお店でもメニューとして お出ししています。
いい「食」には、背景があると私は思っています。

70年前に開発されたコーボンを今なお大切に作り続けているという歴史、 そして社長や専務の酵母へのこだわり、熱い想い、そして それが作られているキレイな景色、これらの背景すべてが、コーボンには 詰めれており、この味わいを頂くことができるのだと思います。

ページトップへ