カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

夏の手作り酵素(6月・7月・8月)


6月のレシピ 梅酵素

梅まめちしき 梅の酸味のもとになっているクエン酸やリンゴ酸、酒石酸などは疲労回復に効果的といわれています。
【材料・準備するもの】
※青梅は冷凍のものを使っても作れます。
【作り方】

梅はヘタの中のごみやヤニを竹串できれいに取り除きます。

水できれいに洗い、一つひとつ水分を拭き取ります。(水分が残るとカビの原因になります。)

梅に竹串で5〜6か所穴をあけます。

煮沸消毒した広口びんに下準備をした梅を入れ、コーボンを注ぎ入れます。

びんの中に重し(皿など)を入れて梅が沈むようにしたら、びんの口をラップで覆い、ふたをします。

びんを密閉したら冷暗所で保存してください。2週間〜1か月後から飲み始められます。
梅の分解が進むとエキスに濁りがでてきますので1ヶ月〜2ヶ月ほど取り出してください。

※酵素液は、水や炭酸水で割ってお召し上がりください。
※取り出した梅は、そのままお召し上がりいただけます。


7月のレシピ プラム(すもも)酵素

プラム(すもも)豆知識 酸味があってさわやかな味わいのプラム(すもも)。大石早生やソルダムなど様々な品種があります。
【材料・準備するもの】
【作り方】

プラムはヘタを取り除いたらきれいに水洗いし、一つひとつ水分を拭き取ります。(水分が残るとカビの原因になります。)

竹串などでプラムに2〜3か所穴をあけます。

煮沸消毒したびんに(2)のプラムを入れ、コーボンを注ぎます。密封して冷暗所で保存してください。

びんを毎日ゆすり、浮いたプラムの表面にコーボンをつけるようにしてください。(コーボンに浸っていないとカビや腐敗などの原因になります)。1週間〜10日後にプラムをびんから取り出して出来上がりです。

プラムの甘さがひろがる手作り酵素をお試しください!
※酵素液は、水や湯で割ってお召し上がりください。


8月のレシピ ブルーベリー酵素

ブルーベリーまめ知識 アントシアニンが目の網膜にあるロドプシンという物質の再合成を助ける働きをしています。
【材料・準備するもの】 ※作りやすい量
【作り方】

ブルーベリーはきれいに水洗いします。

一つひとつ水分を拭き取ります。(水分が残るとカビの原因になります。)
※竹串などで実に数か所穴をあけると浸かりがよくなります。

煮沸消毒したびんに(2)のブルーベリーを入れ、コーボンを注ぎます。

密封して冷暗所で保存してください。びんを毎日ゆすり、浮いたブルーベリーの表面にコーボンをつけるようにしてください。(コーボンに浸っていないとカビや腐敗などの原因になります)。1週間〜10日後にブルーベリーをびんから取り出して出来上がりです。

※酵素液は、水や炭酸水で割ってお召し上がりください。
※取り出したブルーベリーはそのまま、またはヨーグルトにかけたりしてお召し上がりいただけます。


その他の手作り酵素のレシピは「手作り酵素の作り方」ページをご覧ください。

←手作り酵素カレンダー インデックスへ戻る

コーボンの購入はこちら

ページトップへ