カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

手作り酵素の作り方

手作り梅酵素 〜さっぱり美味しい初夏〜夏におすすめのドリンク

【梅漬け(手作り梅酵素)におすすめのコーボン】

コーボンうめ(525ml入り)
3,888円 (税込)
コーボンうめ 525ml
コーボンうめ(1800ml入り)
11,664円(税込)
コーボンうめ 1800ml
コーボンで梅漬け(手作り梅酵素)
  • 夏の疲れに、さっぱりとしたコーボンの手作り梅酵素が人気です。
  • 2週間ほどすれば美味しくお召し上がりいただけます。
    お好みにもよりますが、水またはお湯で5倍ほどに薄めて飲用ください。
  • 梅の分解が進むとエキスに濁りがでてきますので1ヶ月〜2ヶ月ほどで取り出してください。
    取り出した梅はそのまま食べても美味しくお召し上がりいただけます。
  • 梅の果肉をジャムにする場合は、取り出した梅を水から少し煮て果肉が軟らかくなりましたら種をとり出来上がりです。

事前準備
  • 梅は、へたの中のゴミや、ついているヤニを竹串などできれいに取り除きます。
  • 水できれいに洗い、一つ一つキッチンペーパーなどで水分をふき取ります。(水分が残るとカビの原因になりまので注意しましょう。)
  • 梅に竹串などで5〜6箇所穴をあけます。


密閉できる広口ビンに梅を300g入れます。
ビンは予め、熱湯消毒して乾かします。


コーボンを(1本)525ml注ぎいれます。
 


梅が浸るぐらいになる。

 


落し蓋をし、梅が沈むようにして、ビンの口をラップ
でおおい、 軽くふたをします。
涼しい所に保存します(夏場は冷蔵庫へ)。


手作り果物酵素(みかん)

果物で酵素を作ろう!
  • 美味しい手作り酵素♪ 誰でも簡単に出来ます♪
  • コーボンの量も増えてとってもお得です。
  • どうせ作るなら!酵母・酵素がいっぱいで体に優しい天然の発酵で作りましょう!
  • エキスは2週間ほどで美味しく出来ます。果肉は柔らかくなったら取り出してジャムにも!

事前準備
  • 適量の果物とコーボン(525ml)を1本用意します。
  • 後は密閉できる空きビンを用意します。
  • 果物を丁寧に洗い水気を良くふき取り、空き瓶を熱湯で洗い乾かします。


果物を1/2〜1/4にカットしビンに入れて下さい。


果物が隠れるまでコーボンを注ぎます。

果物が浮いてきますのでしっかり落としぶたをします。


密閉し待つこと2週間で完成!!

注意すること
  • 果物はしっかり水で洗い、水気を良く拭取ってください。
  • 落しフタがうまくいかない場合はカビや腐敗などの原因になりますので、ビンを毎日ゆすり浮いた果物の表面にコーボンを付けてください。(時間のある方は、気づくたびに行ってください。)
  • 果物は長く漬け込みますと皮などから苦味がでてきますので、2週間〜1ヶ月ほどで取り出してください、取り出した果物はそのまま食べたり、ジャムにします。



手作り生姜酵素

温まる生姜漬け!(手作り生姜酵素)
  • 2週間ほどすれば完成!美味しくお召し上がりいただけます。
  • お好みにもよりますが、水またはお湯で5倍ほどに薄めて飲用ください
  • ※スライスした生姜は3日〜5日程度で沈みますので、涼しい所に保存します。
  • 体を温めたい方にお勧めです。
    夏場でも、クーラー等で体は冷やされていますので、一年中お勧めの簡単手作り酵素です。

事前準備
  • 生姜を水でよく洗い、一つ一つ水分をふき取る。
  • 生姜を2〜3ミリ程度にスライスします。


密閉できる広口ビンを用意し、
ビンは予め、熱湯消毒して乾かします。


広口ビンにスライスした生姜を300g入れ、
コーボンを(1本)525ml注ぎいれます。

スライスしてありますのでコーボンが多い状態
になります。

 


そのままビンの口をラップでおおい、フタをしま
す。
(スライスした生姜は落し蓋がしづらいので、
一日に1回から3回程度ビンをゆすります)

注意すること
  • 生姜の分解が進むとエキスに濁りがでてきますので1ヶ月〜2ヶ月ほど取り出してください。
    取り出した生姜はそのまま食べても美味しくお召し上がりいただけます。
    煮物用の生姜としてもご利用ください。

※保管は日のあたらない涼しい場所でお願いします。
※漬け込み時間は目安ですので、お好みで調整してください。

手軽でカンタン!手作り酵素早見表
コーボンの購入はこちら